#糖質選択でコムギビューティー

#糖質選択でコムギビューティー

コムギ食をうまく取り入れて、めざすはヘルシービューティー!これからは、“糖質選択”という考え方。

イマドキ女子の赤裸々アンケート調査の結果から見えてきたもの

いくつになっても、女性にとってダイエットは尽きないお悩みですよね。
コムギケーション俱楽部が20~40代の女性618名を対象に行った【ダイエットと糖質制限に関する消費者調査】でも、80%の女性が「ダイエットしたことがある」という結果が判明しました。
そして、いま流行りの「糖質制限ダイエット」も約40%の方が実践しているとのこと。「糖質制限ダイエット」は短期間で体重が減りやすいため、もっともっと体重を落としたい!と、過激にハマってしまう方も多いようです。

でも、誤った糖質制限ダイエットにのめり込んでしまうと危険なリスクを伴うこと、ご存知ですか?

大切なのは、糖質は適量に抑えること、そしてバランスよく栄養を摂ること。
コムギケーション俱楽部では、コムギ食を取り入れながら食事を楽しく、おいしく、適量を食べる「糖質選択」をおすすめします!

    知ってる?コムギの栄養学

  • コムギの栄養素というと炭水化物のイメージが強いかもしれませんね。
    ところが実は豊富な食物繊維とタンパク質をはじめ、
    バラエティ豊かなビタミン&ミネラルが含まれているんです。

    食物繊維

    日本人は昔からカラダに必要な食物繊維の多くを穀物から摂ってきました。さまざまな料理として多量に食べられるコムギはいわば“穀物の王様”です!食物繊維は、カラダの中で次のパワーを発揮します。

    • 【お通じ改善】

      腸を元気にするオリゴ糖の働きでお通じがNiceに!
    • 【ミネラル吸収の促進】

      ミネラルが溶けやすくなり、カラダへの吸収Goodに!
    • 【病原菌をバリア】

      腸壁細胞の機能が向上し、免疫力がUP!
    植物性タンパク質

    タンパク質は血液や筋肉をつくる上でとても大切な栄養素です。日本人の場合は欧米ほどお肉を食べないので、穀物を食べることでタンパク質を補ってきた歴史があります。しかも動物性タンパク質にくらべて植物性タンパク質はカラダにやさしいこともポイント。発がん性が少なく、脂が少ないので動脈硬化にもなりにくいことが研究でわかっています。

    ビタミン&ミネラル

    コムギにはB1、B2 、E、パントテン酸、ナイアシンなどのビタミン、リン、カルシウム、鉄、カリウム、ナトリウム、マグネシウムといったミネラル類など栄養的に大切な成分が含まれています。ただしコムギだけでは必要な量はカバーできないので、野菜やフルーツなどと組み合わせてバランスよく食べてくださいね。

  • 下方教授に聞く!正しい糖質選択

  • 医学博士 下方 浩史 教授
    1977年名古屋大学医学部卒業、医師免許取得。専門は老年医学、栄養疫学、予防医学。2014年から名古屋学芸大学健康・栄養研究所長。

    正しい“糖質選択”の実践法。

    日本人女性に必要な1日のカロリー量は1800kcal。1食あたりに換算すると600kcalになります。 そのうち半分ぐらいを炭水化物から摂るのが理想的ですね。グラムに換算すると75g、食パンで2枚弱、うどんで1杯ぐらいです。3食の炭水化物摂取量は以下を参考にしてみてくださいね。

    判明!炭水化物を摂らない人は、
    多く摂った人より死亡リスクが高まるという研究。

    2018年8月に発表されたアメリカの論文によると、『炭水化物を摂らない人は、多く摂った人より死亡リスクが高まる』ことが判明しました。この研究は、25年間にわたって15,400人の被験者が摂った食事と飲みものを分析したものです。 エネルギーの50~55%を炭水化物から摂っている人が最も死亡リスクが低く、これは日本人の平均的な炭水化物摂取率に近い数値です。だから日本人は健康寿命も平均寿命も世界一なんですね。

    本当は怖い?!“糖質制限”の話。

    日本の女性は先進国の中でも最もやせていて、本来であれば必要ない方まで過激なダイエットをしている場合がよく見られます。実はダイエットは誤ったやり方で行ってしまうと、健康な身体を壊してしまう、危険なリスクが潜んでいるんです。中でも最近流行している「糖質制限ダイエット」には、以下のような危険があります。

「ダイエットと糖質制限に関する調査の概要」WEBアンケート結果公開!

ダイエットと糖質制限に関する調査の概要

調査地域:首都圏
調査方法: マクロミル社調査モニターによるインターネット調査
調査対象: 下方教授からの示唆と国の世論調査での定義を参考にヤング層を15歳~44歳女性層と広くとらえ、下記の年層別に設定した

●15歳~19歳女性 103名
●20歳~24歳女性 103名
●25歳~29歳女性 103名
●30歳~34歳女性 103名
●35歳~39歳女性 103名
●40歳~44歳女性 103名
合計618名
調査実施期間: 2018年7月13日~7月20日
調査実施機関: 企画・分析 コムギケーション倶楽部
実査・集計 東京サーベイリサーチ
ダイエットについての調査結果
ダイエットに関する調査 ダイエットに関する調査
糖質制限についての調査結果
糖質制限に関する調査 糖質制限に関する調査