小麦料理は、やきそば うどん そば ラーメン たこ焼き お好み焼き もんじゃ クッキー パン 食パン フランスパン ピザ パスタ マカロニ ベーグル ナン ホットドック など様々な料理に七変化!!

 

和麦ひろば

8月7日はハナマンテンの日?!

2014/08/08

こんにちは!和麦ひろばリーダー・片山智香子です。

みなさんはハナマンテンという小麦粉をご存じですか?

国産小麦というと北海道のイメージがあるのですが(実際、国内の67%は北海道産)

実は関東でも小麦粉の栽培をしているんです。

 

その中でもハナマンテンは硬質小麦の新品種。

埼玉は二毛作をしている農家さんが多いらしく、表は米を裏で小麦粉を作るスタイル。

だからなのでしょうか、比較的、使われている農薬が少ないのですって!

 

前田食品

 

そんなお話を聞きに、昨日は埼玉県・幸手にある前田食品の入江社長のところへ伺ってきました!

ハナマンテンの詳しいレポートは、コムギケーション倶楽部の

『和麦の現場から』(近日開設予定)でお伝えするとして・・・。

 

昨日はね、そんなハナマンテンが使われているベーカリーカフェにも行ってきたのです!!

さいたま市見沼区南中丸にある和むぎやろくじゅうさん

wamugi

パン屋さんなのに和な作りで、なんと、蔵を改装して作られたお店なんですって!

わむぎやろくじゅう

こちらの食パンはすべて国産小麦。

春よ恋とキタノカオリをブレンドしたもの、キタノカオリ、ハナマンテンにさとのそらの全粒粉だったかな?

そちらの3種類と、かなりのこだわりが!!そして、そして、小麦粉も販売しているようです。

 

ハナマンテン

 

身土不二の精神で地場のものを食べたい!食べさせてたい!というお気持ちから

埼玉でとれるハナマンテンのパンを提案しているという片野店長。

実は・・・今回、前田食品の入江社長のところに伺ったのには、

ハナマンテンについてのお話を聞くためでもあるのですが、秋に開催する予定の第2回フォトコンの、

ほぼ全プレ(笑)小麦粉としてハナマンテンをご提供頂きたいというお願いもありまして(笑)

 

和むぎやろくじゅう

 

 

せっかくなので、パンのプロである片野店長にハナマンテンの粉を使うときの

メリット・デメリットも聞いてきちゃいました。

どうやら、ハナマンテンは吸水が多いとべたつくので比較的、吸水は少な目の方が良いそう。

そして、風味も良いし、たんぱく質量的にもフランスパンなどを作るときの粉に近いので、

おうちで作るなら、ハード系の方が向いているんですって!!

 

来週はハナマンテンを栽培している農家さんにも取材予定なので、

またまたハナマンテンの詳しい情報が入ったらこちらでお伝えしますね!!