小麦料理は、やきそば うどん そば ラーメン たこ焼き お好み焼き もんじゃ クッキー パン 食パン フランスパン ピザ パスタ マカロニ ベーグル ナン ホットドック など様々な料理に七変化!!

 

和麦ひろば

和麦特派員がゆく!北海道和麦ツアー 1日目(Aigues Vives)

2014/09/01

こんにちは!和麦ひろばリーダー・片山智香子です。

 

8月29日(金)-30日(土)とフォトコン優勝者の坂口もとこさん、コムギケーション倶楽部 松本さんと一緒に

和麦特派員がゆく!ということで、北海道和麦ツアーに行ってきました。

朝8:30のフライトに乗り10時には北海道入り。

 

新千歳空港

 

そのまま、JRで小樽まで向かい(新千歳空港から小樽まで1時間15分くらいでした)

目指すはパン好きの聖地でもあるAigues Vives(エグ・ヴィヴ)

ここは、去年、プライベートで札幌のパン屋さんめぐりをした時にも

「絶対に行くべき!」と言われていて、ずっと来たかったパン屋さん。

 

Aigues Vives

小樽駅からタクシーで20分くらいでしょうか。海岸線を走り少し上ったところにあります。

崖の上にあると聞いていたので、かなりな断崖絶壁をイメージしていたのですが、そこまでではないです(笑)

 

Aigues Vives

 

基本的に取材NGなので店内の様子は写真に収めてきておりませんが、

今回はありがたいことに丹野シェフにお話しを聞くことはできました。窯はフランス製の窯。

こちら↑の薪を使って焼いているのだそう。

Aigues Vives2

 

 

窯の中は大変広く、手前のパンを取り出している間に奥のパン焼けすぎないかなーと思っていたら

手前の方が火力が強いのでゆっくり全体に火がまわり、手前から取り出すことでちょうど良いのだそう。

小麦粉は完全に国産小麦というワケではないのだけれど、パンの種類によっては国産も使っているそうです。

 

Aigues Vives

 

目の前には石狩湾が。この絶景で頂くAigues Vivesのパンたち。

ここだけゆっくりとした時間が流れているように感じました。

これ以上、幸せなことがあるのだろうか?と思うほど、最高のひとときでした。

 

Aigues Vives

 

 

和麦特派員がゆく!北海道和麦ツアー1日目(江別製粉)に続きます。