小麦料理は、やきそば うどん そば ラーメン たこ焼き お好み焼き もんじゃ クッキー パン 食パン フランスパン ピザ パスタ マカロニ ベーグル ナン ホットドック など様々な料理に七変化!!

 

和麦ひろば

和麦特派員がゆく!福岡和麦ツアー 1日目(セ・トレボン・ふらんす館)

2015/02/05

こんにちは!和麦ひろばリーダー・片山智香子です。

 

1月30日(金)-31日(土)と第2回フォトコン優勝者の前田みやこさん、初日だけご同行頂けるということで

僅差で2位になった山本知美さん、そして、コムギケーション倶楽部 松本さんと一緒に和麦特派員がゆく!

福岡和麦ツアーに行ってきました。

 

和麦特派員がゆく!福岡和麦ツアー1日目(パンストック)はこちら→★

和麦特派員がゆく!福岡和麦ツアー1日目(ナガタパン)はこちら→★

和麦特派員がゆく!福岡和麦ツアー1日目(タンドルマン・BLUE JAM)はこちら→★

 

ふらんす館

 

BLUE JAMからタクシーで10分くらいのところに、2日目に行く鳥越製粉さんのパン屋さん

ふらんす館があるということで足をのばしてきましたよ。ここでは特にパンを購入をすることは

なかったのですが地元密着なパンのラインナップでした。

セ・トレボン

 

まだ、1日目に伺ったパン屋さん、フルフルヴィレッジのレポートが出来ていませんが・・・

(明日あたりアップしますね)

1日目の最後に向かったのがセ・トレボン

こちらの本店は西鉄平尾にあるのですが、博多のキャナルシティの中にも入っているということと、

1日目だけツアーに参加してくださったフォトコン2位の山本さん(福岡在住)が

セ・トレボンは絶対に行くべきパン屋さんです!と強くおしてくださったので、

あたりはすっかり暗くなっておりますが、ぎりぎり間に合って行ってきました。

セ・トレボン

セ・トレボン

人気ナンバー1だという【プチミルクバゲット】

プチバゲットにミルククリーム(これは味わい的に練乳なのかな?)

お早目にお召し上がりくださいと書かれているのですが、実はなんだかんだで

食べるタイミングがなく、結局翌日の夜に頂いたのですが、このミルクが甘くてあとひくお味。

大きさも朝食やおやつなどにちょうど良い大きさです。リトーストするとクリームがとけてしまうし、

熱さに弱いのであれですが、一度、出来立てのプチミルクバゲットを食べてみたいですね!

セ・トレボン

そして、こちがら【国産小麦のパンドミー】

福岡産の生クリームを使用していて、国産小麦の銘柄をお聞きしたところ

九麦南香という製品名の粉を使っているそう。調べてみたら銘柄はミナミノカオリですね。

ブロックで購入してきたのでスライスは自分でしたのですが、

いままで経験ないくらい非常にスライスがしやすいパンでした(笑)

クラスト(外側)とクラム(中身)の境目がないくらい柔らかく、生食よりリトーストした方が

より美味しく感じました。ふんわり、舌のうえでとろける感じ。

噛むごとにもっちりしていて、何もつけなくてもパン自体にコクがありました。

 

福岡和麦パン屋さんめぐりは、まだまだ続きます。