小麦料理は、やきそば うどん そば ラーメン たこ焼き お好み焼き もんじゃ クッキー パン 食パン フランスパン ピザ パスタ マカロニ ベーグル ナン ホットドック など様々な料理に七変化!!

 

和麦ひろば

和麦特派員がゆく!福岡和麦ツアー2日目(鳥越製粉)

2015/02/07

こんにちは!和麦ひろばリーダー・片山智香子です。

 

1月30日(金)-31日(土)と第2回フォトコン優勝者の前田みやこさん、

コムギケーション倶楽部 松本さんと一緒に和麦特派員がゆく!

福岡和麦ツアーに行ってきました。

 

和麦特派員がゆく!福岡和麦ツアー1日目(パンストック)はこちら→★

和麦特派員がゆく!福岡和麦ツアー1日目(ナガタパン)はこちら→★

和麦特派員がゆく!福岡和麦ツアー1日目(タンドルマン・BLUE JAM)はこちら→★

和麦特派員がゆく!福岡和麦ツアー1日目(セ・トレボン・ふらんす館)はこちら→★

和麦特派員がゆく!福岡和麦ツアー2日目(シェ・サガラ)はこちら→★

鳥越製粉1

 

和麦福岡ツアーの最後は博多に本社のある鳥越製粉さんの工場見学です。

ここからは、コムギケーション倶楽部の別プロジェクト、朝日小学生新聞のラー麦取材チーム

(2月に掲載予定だそうです)と合流して一緒に見学しました。

054

 

まずは森脇工場長の小麦、製粉の流れの説明をみんなで聞いてから、

鳥越製粉

工場に入る前に綺麗に手洗い、汚れを落とし、この後殺菌ルーム(?)を通ってやっと工場の中に入れます。

衛生管理が徹底していますね。

鳥越製粉

 

製粉会社は製粉の仕方が心臓部分なので詳しい写真は載せられませんが・・・

会議室の隣にあったテストキッチンで焼かれていたバゲット。

もう、小麦の話しを聞いているときからこちらのパンが気になっておりました(笑)

 

鳥越製粉2

その後はラー麦(福岡のラーメン専用のために作った小麦粉)を使用している

ラーメンが食べられる博多 三気さんへ。

鳥越製粉3

 

こちらのとんこつラーメンは、先月の小麦の底力イベントで食べたことがあったので、

今回は辛ミソ味にしてみました。ラー麦、弾力があって汁とのからみも良かったですよ。

鳥越製粉4

 

製粉会社の工場見学は北海道の江別製粉さん、京都の井澤製粉さん、神奈川のミルパワージャパンさん

そして、今回の鳥越製粉さんと見学させて頂きましたが、徹底した衛生管理と温度調整、

小麦から小麦粉にするまでに、いくつもの工程をふんでいます。

パンの歴史の話になりますが、中世の頃の製粉技術は発展途上であったので、白いパンは貴族など

位の高いものが、黒いパン(いまの黒パンとは違いもっと固くて馬の肥料などに近いパンだったそう)は

庶民が食べるものと、かなり貴重なものだったことが伺えます。

いま私たちが普通に美味しいパンを頂けるのも、製粉技術の向上のおかげなのだと改めて感じました。