小麦料理は、やきそば うどん そば ラーメン たこ焼き お好み焼き もんじゃ クッキー パン 食パン フランスパン ピザ パスタ マカロニ ベーグル ナン ホットドック など様々な料理に七変化!!

 

和麦ひろば

ラ・テール@三宿

2013/11/09

こんにちは!和麦ひろばリーダー・片山智香子です。

今日は三宿にあります、ラ・テールのパンを紹介します。

ラ・テールは三宿という場所柄、最寄駅というのはないのですが、

今回は池尻大橋駅でおり歩いて行ってきました。徒歩10分くらいですね。

ただ、後から確認したら、どうやら渋谷から三宿交差点あたりまでくるバスが出てるみたいです。

 

 

ラ・テール

 

ラテールは素材にはとことんこだわり、酵母は自家製の自然酵母や自家製サワー種、

小麦粉はパンの特性に合わせて、国産小麦粉、オーガニックの小麦粉、

スペルト小麦粉などを使い分けているそう。他の材料でいうと塩や水もゲランドの塩や沖縄の天日塩、

富士山の雲上水など、納得のいくものだけを使うそうです。

先日、伺った感じだと国産小麦の比率は1/3くらいみたいですね。

 

ラ・テール

 

キタノカオリ

北海道・岩見沢を中心に栽培されている秋まき小麦。キタノカオリ100%使い

北海道産の生クリーム、北海道・十勝産のビート(てん菜)糖をたっぷり加えてリッチな

味わいに仕上げた食パンだとのこと。

実際食べてみたところ、ふんわり食パンというよりは弾力がありしっかりした食感。

甘味があり(これは生クリームと甜菜糖から?)噛んでいると粘りさえ感じます。

トーストした方がよりなめらかになりますね。

 

ラ・テール

バゲット

こちらのバゲットには江別製粉のタイプER(春よ恋とキタホナミ)という製品を使っているのだそう。

国産小麦を使ったバゲットは基本的に少し甘味を感じますが、こちらも例に違わず。

ただ、同日に購入した他店のバゲット(同じくタイプERを使用)と食べ比べてみたところ

同じバゲットなのに食感も翌日の柔らかさも違いました。

ラ・テールのバゲットは外側は比較的カリッとしていますね。