小麦料理は、やきそば うどん そば ラーメン たこ焼き お好み焼き もんじゃ クッキー パン 食パン フランスパン ピザ パスタ マカロニ ベーグル ナン ホットドック など様々な料理に七変化!!

 

和麦ひろば

Factory@九段下

2014/01/12

こんにちは!和麦ひろばリーダー・片山智香子です。

 

今日は九段下にあるFactoryのパンを紹介します。

九段下(地下鉄)と市ヶ谷(JR)のちょうど真ん中あたり、靖国通りを挟んで靖国神社の隣にあるFactory。

 

Factory

 

目の前を通るとぷぅ~んとパンの良い香りがしてきます。

店内もウッディーで、一つ一つの小物が可愛くてもともと大好きなパン屋さん。

以前、和麦ひろば(和麦カフェ)とは別のイベントでシェフにお話しを聞いたときに

国産小麦を使っていると仰っていたので、改めて伺ってみました。

 

Factory

 

どうやら、食パンだけ国産小麦を使ったものがあるようです。

朝一からあるのが熊本産の南のめぐみ(製品名でいうとミナミノカオリ)を使った山型食パン。

そして、今回購入したのは2時~3時以降に販売される北海道産のキタノカオリを使った角食。

この食パン、モチモチ感が半端なくて、生食も美味しいのですが、トーストしてもGood!

噛んでいると弾力があるのだけれど、きめがつまっているのとはちょっと違うんですよね。

以前、デュヌラルテで食べたホノカと弾力自体は似ているかも。

(デュヌラルテの「ほのか」は第2回和麦カフェで食べ比べました)

 

Factory

 

 

国産小麦ではないけれど、もしFactoryに行くことがあったら是非食べてみてもらいたいのがベーグル。

もちっとしたベーグルが好きな私ではありますが、ここのはフワッとしているのにサクッとしているんです。

日替わりで何種類かあるけれど、私のオススメはプレーンベーグルです。

 

っと、話を国産小麦の食パンに戻して・・・(笑)

朝のミナミノカオリを使ったという山型食パンも10時半に行った時点で売り切れていたし、

午後から販売のキタノカオリの角食も人気があるらしいので、必ず購入したい場合は予約した方がよさそうです。

今まで食べた国産小麦の食パンの中で一番モチモチ感があるので是非食べてみてくださいね!