小麦フェスタ2014 in えべつ

国産初の本格的パン用小麦を栽培した
江別の大地から、和麦の魅力発信!

「小麦フェスタ2014 in えべつ」は、4年に1度ごとに
北海道江別市で開催される小麦の魅力を発信するイベントです。
江別市ではここ10数年に渡り「全国焼き菓子コンペ’98in江別」
「菓子祭り2002in江別」「小麦フェスタ2006in江別」
「コムギフェスタ2010inえべつ」といった、
小麦の魅力を発信するさまざまなイベントが行われてきました。
その間、小麦の新しい品種が作付けされ、また、姿を消した品種がある中で、
国産初の本格的パン用小麦の品種である「ハルユタカ」は
今もなお、江別市で脈々と栽培され続けています。
「小麦フェスタ2014 in えべつ」は、小麦をとりまく江別市の思い、
その根底にある生産者と関係者のストーリーの一端に触れてもらい、
江別の小麦を一段と味わい深いものとするためのイベントです。
2014年は市制施行60周年の記念の年でもあるため、江別の魅力、
とりわけ「食」についてのイベントを結集し、まとめてお届けする企画として
「農業まつり」「まるごと江別2014」と同日開催され、
地元の方々も驚くほどのにぎわいぶりとなりました。
<主なイベント>

●小麦フォーラム

「パン業界における北海道産小麦の現状と可能性~そしてハルユタカは?」
◎基調講演
株式会社満寿屋商店 代表取締役 杉山雅則 氏
◎トークセッション
コーディネーター コムギケーション倶楽部シニアスーパーバイザー 佐久間良博 氏
パネリスト シニフィアン シニフィエ シェフ 志賀勝栄氏
敷島製パン㈱研究開発部パン開発グループ 栗田木綿子 氏
パンコーディネーター 森まゆみ 氏
JA道央江別市畑作生産部会 部会長 萩原英樹 氏

●「美味しい江別」市民企画

江別素材を楽しもう!「おいしいサンドイッチ」の作り方
~丸の内シェフズクラブによる、実演ワークショップ~
イグレックマルノウチ 総料理長 山口浩 シェフ
ル・コルドン・ブルー エグゼクティブシェフ ドミニク・コルビ シェフ

●プロジェクション・マッピング

北海道情報大学の学生チームによるハルユタカの小麦畑を色鮮やかに演出したプロジェクション・マッピング「はるゆたかのゆめ」の上映

●おいしいパン屋さんが江別に大集合!

市内・市外からパン屋さんが一堂に会しパンを販売

[出典店舗]
◎シニフィアンシニフィエ(東京世田谷)
◎Pasco夢パン工房(札幌手稲区)
◎ますやパン(十勝)
◎パン屋Sora(江別)
◎ブランジェールラパン(江別)
◎ベーカリー・ノイエ(江別)
◎ベーカリー・もみの木(江別)
◎BAKERY KITCHEN P(江別)