小麦料理は、やきそば うどん そば ラーメン たこ焼き お好み焼き もんじゃ クッキー パン 食パン フランスパン ピザ パスタ マカロニ ベーグル ナン ホットドック など様々な料理に七変化!!

TOP >  「「つるやわ関西ほんまめん」」

つるやわ関西ほんまめん

「関西ほんまめん」店舗リスト

ABC朝日放送へのリンク

協力:日本コナモン協会 http://konamon.com/

注)当リストは、日本コナモン協会さんが作成された「関西の国産小麦粉使用麺類店リスト」を、今回のキャンペーンの趣旨に合わせて分類・再編成したもので、コムギケーション倶楽部のおすすめのお店、お店紹介文、および参考URL等を追加しています。

関西ほんまめんとは?

「関西ほんまめん」とは国産小麦を使ってつくられた、
「ほんまもん」の関西の小麦めんのこと。
関西には江戸以前からの歴史ある
「大阪うどん」「京うどん」、「三輪そうめん」「播州そうめん」、
新しくは「近江牛うどん」「大阪かすうどん」「京都ラーメン」など
多彩な小麦めんが食べられています。

関西の小麦めんの文化の歴史は古く、
奈良時代には大陸から小麦めんの原型といわれる
「索餅(さくべい)」が伝わって
「三輪そうめん」が生まれました。
鎌倉時代の京都では禅宗の僧院で「だし文化」が生まれ、
僧侶や貴族が味噌をだしで溶いたタレにつけて
「うどん」を食べていたといいます。

その小麦めん文化、だし文化を引き継ぎ、
江戸時代に庶民の味に育てあげたのが天下の台所、大阪。
大阪の商人たちが北前船で全国から運ばれた素材を使い、
昆布と鰹・雑節のだしの温かいかけうどん、
「大阪うどん」を生み出しました。

「大阪うどん」をはじめとする関西の「うどん」は、
のど越しつるつる、口当たりがやわらかな「関西ほんまめん」。
しっとりしていてコシのある「めん」を、
薄口醤油のおつゆと一緒につるつるとすすって食べる、まったり、はんなりしたうどん。
時代に合わせて少しずつ姿を変えてはいても、
それが「関西うどん」の原型なんです。

この番組「だしツッコミ! 関西ほんまめん つるやわトーク」は、
「関西ほんまめん」に様々な形で関わっている皆さんにお話を伺っていく番組です。

だしツッコミ!

「関西ほんまめん」には、でんぷんの質がよく、
だしがよくからむ国産小麦がぴったり。
今年度の「関西ほんまめん」は、関西の「だし」に注目して、
つるやわトークの中に関西ならではの「だし」のお話を盛り込んでいきます。

enjoy comugication!

国産小麦ステッカー